年功序列はもう古い?成果主義との違いを比べてみた

働き方

日本の戦後復興を支えた年功序列型の賃金制度

日本では長く年功序列の賃金方式が採られてきました。
年齢や勤続年数に応じて徐々に昇給していく仕組みで、年齢を問わず成果主義が基本の欧米に比べると、独特の制度と言われていました。
もっとも、日本の戦後復興を支え、高度成長期を遂げて敗戦国から世界トップレベルの経済大国へと上り詰めた背景には、この年功序列の右肩上がりの賃金制度も貢献したと考えられています。
その企業を信頼して長く働くほど、賃金が高くなり、自分の頑張りが評価されていると、企業のために必死に働き、高度成長を支える気概が醸成されたためです。
もっとも、近年では、この年功序列が日本の経済成長を阻んでいるなどと指摘され、欧米のような成果主義の導入が進められています。
もはや、年功序列は成り立たないのか、成果主義との違いや両者のメリット、デメリットを分析していきましょう。

年功序列の時代は終わったのか?

高度成長を遂げて、経済大国としての地位を確立し、バブル経済で日本中が盛り上がった後、バブルが弾け、日本は長い経済不況に陥りました。
経済情勢の変化をはじめ、戦後育った世代を中心に考え方や働き方にも変化が見えるようになっています。
かつては、企業に入社したら1つのところで定年退職まで勤め上げるのが極当たり前と考えられていました。
途中で辞めるというのはナンセンスで、仕事が続かない人、仕事ができない人などと思われたものです。
ですが、今の時代は転職も当たり前になっており、仕事が合わないといった消極的な理由ではなく、キャリアアップのために転職をする方も増えています。
自分はもっと評価されていいはずだと、より高い年収を求める方にとっては、年功序列より成果主義が理想的です。
また、企業にとっても、より有能な人材を確保しやすくなるメリットがあります。

導入が進んでいる成果主義とは

成果主義は年齢や経験を問わず、成果が出せる人、企業業績に貢献できる人ほど高い評価を受け、賃金が高くなる方式です。
日本企業においては営業職など、個々の成果が明確に出やすい職種などを中心に導入が進められています。
業種や職種を問わず、導入を進める企業も増えていますが、事務職などの場合、どのような成果を評価基準にするのかの設定が難しいです。

年功序列のメリット

従来の基本である年功序列は、企業への定着を促し、長く働いてもらえる企業側にとってのメリットがあります。
従業員にとっては長く働くほど賃金が上昇するので、長く働く意欲が持て、将来の計画が立てやすく、マイホームなどの購入や教育費の支払いなども安心して織り込むことができます。

成果主義のメリット

これに対して、企業側にとっては、成果主義は年齢を問わず、有能な人材を確保でき、企業業績を引っ張ってくれる人材を育成できるのがメリットです。
従業員にとっては、年齢や経験を問わず、頑張って成果を出せば高い年収がもらえるのでモチベーションが高まり、意欲的に取り組めて、若くして高収入が得られます。

年功序列のデメリット

年齢や勤続年数が上がれば、仮に能力的には低く、生産効率が悪い従業員であっても、年収が上がってしまいます。
頑張って成果を上げても、成果を出していない従業員と賃金があまり変わらないとモチベーションが低下したり、離職につながったりするかもしれません。
ただし、年齢による基本賃金に加えて、功績による賃金に重点を置けば、不満も解消されます。
実際の運用では賃金が同レベルの同期の中から、管理職になれる人・なれない人が現れ、勝ち組、負け組といった選別が行われることになるのです。

CONTACT