【IT企業の中でも年収が高い!】未経験でもなれるインフラエンジニア

採用

インフラエンジニアって何?

エンジニアという言葉がついているので、なんとなくIT関係の仕事だと想像がつく方は多いでしょう。
しかしあまり身近で仕事ぶりを見る機会もないですし、いったいどんな仕事なのかわからない方もいるのではないでしょうか。
インフラエンジニアというのは、さまざまなインターネットサービスが使えるように、やり取りやその道のネットワークを整備する仕事です。
どんなに良いサイトやアプリがあっても、このやり取りができる道がなければそのサービスを使えません。
インフラという言葉が元々土台や下部構造という意味になり、人が生活で欠かせない要素にもなります。
仕事としてインフラエンジニアになると、だいたいがサーバーとネットワークに分かれ、それぞれの分野で活躍します。
中にはどちらも扱える人もいますが、だいたいは専門分野が分かれる方が多いです。
サービス内容や、どのくらいの通信の量にするかなどを考え整備します。

どんな魅力がある仕事なの?

まず未経験でも良く、仕事を始めてから研修を受けさせてくれます。
職業によっては資格を持っていたり前職でも経験していたりする人を求めているケースもありますが、インフラエンジニアは未経験でもOKです。
これまでの経験ばかりを考えずに、新しく仕事として挑戦しやすい分野でもあります。
さらに大規模なインフラ環境を構築する機会も多く、迫力のある中で仕事ができます。
家で小さい機器を組み立てていくのと違い、大規模なインフラを構築するのはやりがいも感じやすいでしょう。
インフラは今の私たち人間にとって当たり前になっていますので、使わない世界なんて考えられません。
だからこそこの仕事は急になくなる心配もなく、半永久的にあり将来性も兼ね備えています。
キャリアを積んでおくと、万が一今の会社がなくなっても新しい職場でインフラエンジニアの仕事が容易に行えます。
転職を考え同じような仕事に携わりたいときも、インフラエンジニアは求人も多くキャリアもあるということで重宝されるでしょう。
IT関係の仕事の中でも高収入の部類ですので、頑張った分お金にできます。

向いている人っていったいどんな人?

目立つことが好きで自分が表に立ちたいと考える方よりも、裏方として頑張りたい方に向いています。
目立たないと言っても、大変重要な仕事をしていますし、やりがいはあります。
普段から心配症な部分があり、リスクになるようなことがあればどうすればいいのかを考えられる力がある方もいいでしょう。
トラブルがないようにするのももちろんですが、万が一何か障害が発生したときにも状況を考え対応できる方も向いています。
機械を触ることに元々抵抗なく、細かいものを組み立てるのも好きな方にもオススメです。

CONTACT