【採用担当者が好きな服装の傾向】面接にはどんな服装で臨むべき?

採用

面接に適した服装とは

面接と言うと新卒ならリクルートスーツ、既卒や転職でも落ち着きのある紺やグレーのスーツで臨むのが一般的です。
もっとも、フリーターでスーツを持っていないけれど、やっぱりスーツを買うべきなのかと悩む方、時給が安いアルバイトや短時間のパートの面接を受けるにもスーツを用意しなくてはならないのかと疑問に思う方もいるかもしれません。
そこで、面接に適した服装について場合分けをして、オススメの服装をご案内します。

正社員や契約社員の場合

正社員や契約社員の求人に応募するなら、業種や職種を問わず、スーツで臨みましょう。
リクルートスーツに代表されるような、オーソドックスでシンプルで地味な服装が基本スタイルです。
紺や黒、グレーのシンプルなスーツに白のYシャツやブラウス、 紺やグレーなどの地味なネクタイと、白の靴下や肌色ストッキング、黒の革靴やヒールの高さを抑えたパンプスが基本形です。
ただし、即戦力採用や管理職採用、エグゼクティブ層の求人における面接なら、少し高級感をプラスすると信頼感がアップします。
安いリクルートスーツなどではなく、自分の体のサイズに合い、高品質な素材を使ったスーツを身に着けることで、仕事ができる感や経験が豊かな点を視覚的にアピールできるからです。
もっとも、ブランドスーツで身を固める、高級腕時計を見せびらかすといった、派手な演出は避けましょう。

派遣社員の場合

派遣社員の場合も、派遣を希望する業種や職種にかかわらず、スーツが理想です。
工場など現場で働くから作業着のようなカジュアルな服装で面接を受けるのは、オススメできません。
派遣会社への登録のための面談も含めて、スーツを用意しましょう。
ただし、派遣会社から紹介された求人に応募するにあたり、面接における服装についてのアドバイスがあれば、それに従うのがベストです。
派遣先の企業の特徴や過去に面接に通った人を熟知しているので、採用されるための服装を熟知しているためです。

アルバイトやパートの場合

アルバイトやパートの場合は業態や職種などによって、服装選びに違いが出ます。
オフィスワーク系の職場に応募するなら、やはり、スーツで臨みましょう。
実際に仕事をするようになった際にカジュアルな服装が許されている場合でも、オフィスワーク系の求人の面接ならスーツが基本です。
これに対して、飲食業や工場勤務といった業種や職種で、仕事用のユニフォームが用意されるケースなら、カジュアルな服装でも通常は問題ありません。
ただし、露出の多い服や遊びに出かけたり、レジャーに行ったりするような派手な服装やカジュアルすぎる服装は避けましょう。
社会人としての常識を疑われるような服装は避けるのがポイントです。
男性なら暑い時期ならポロシャツと落ち着きあるスラックス、寒い時期ならシャツにスラックスにジャケットといった服装が安心です。
女性ならツーピースや落ち着くのあるワンピース、派手すぎないニットと女性らしく落ち着いたデザインのスカートやパンツを組み合わせましょう。
サンダルやミュール、ハイヒールは避け、歩きやすいシンプルな靴を選ぶのがオススメです。

CONTACT