【手書きじゃなくてもOK】データで履歴書をするメリット・方法・注意点について

採用

履歴書はデータで作成しても問題ない

採用選考の重要な判断基準となるのが履歴書です。
ひと昔前までは、手書きしたものを提出するのが一般的でしたが、現在はパソコンからデータを入力して履歴書を作る人が増えてきました。
履歴書は手書きとデータ、どちらで作成しても問題ありません。
応募先の企業から指定があった場合は、指定されたフォーマットに準じます。
ただしとくに指定がない場合は、どちらで提出しても間違いにはなりません。
実際に採用担当者の半数以上は、手書きとパソコンで作成したものの違いにこだわりを持っておらず、手書きまたはデータで提出したものにこだわる人は少数であることがわかっています。
企業にもよりますが、履歴書の作成の仕方は採用可否に直接影響するものではないと考えられます。

手書き・データで提出する履歴署のメリット・デメリット

手書き・データで提出する履歴書は、それぞれにメリット・デメリットがあります。
手書きの履歴書のメリットは、誠意や人柄がアピールできるところです。
昔ながらの価値観を重視する企業では、とくに手書きの履歴書が好印象を持たれます。
美しい文字で書かれた手書きの履歴書はプラスの評価を得やすいので、字が得意な人はぜひ手書きで作成しましょう。
しかし、手書きは手間と時間がかかるので、忙しい人には負担がかかる作業となってしまいます。
字に自信がない人は苦痛を感じるかもしれません。
データで作成する履歴書のメリットは、効率良く作成でき時短になるところです。
パソコンにデータを入力するだけで同じ履歴書が何通も作成できるので、複数の企業に応募する人にもオススメです。
手書きだと書き損じをしたら新しい用紙に一から書き直しをしなければなりませんが、データ入力なら間違えたところだけ修正すればいいので、手書きに比べればかなり楽です。
また、パソコンなら美しい文字で入力されるので、常に読みやすい履歴書を作ることができ、字を書くのが苦手な人も安心して履歴書が提出できます。
データで提出する履歴書は、字に自信がない人、忙しく履歴書をスピーディに提出したい人、手書き文字でアピールするより内容を重視したい人にオススメです。

データを使った履歴書の作り方

パソコンでデータを入力して履歴書を作成する際は、インターネット上で配布されている無料のフォーマットを利用するのが手っ取り早いです。
お好みのフォーマットをパソコンにインストールし、欄にそって必要な事項を記載していくだけで履歴書が完成します。
あとは完成した履歴書をパソコンに保存し、メールなどに添付して企業へ送信するか、コピー用紙にプリントアウトして持参または郵送で提出すればOKです。

データを利用して履歴書を作るときの注意点

パソコンで履歴書を作成する場合は、文字が読みやすいようにレイアウトに気をつけることが大切です。
WordやExcelに標準搭載されている一般的なフォントを使用し、文字の大きさやフォントは変えないで、すべて統一した文字で作成しましょう。
手書きのときと同様に文字の大きさ、改行の仕方も意識し、相手が読みやすい履歴書を作成してください。
最後に読み返し、誤字脱字や読みやすさをチェックしてから提出しましょう。

CONTACT