離職後の空白期間は短い方が良い?ブランクがあると影響があるのか徹底追及

採用

転職の際に退職後の空白期間は影響が出る?

会社を退職する前に次の仕事が見つからない状態で辞めてしまうとその間は空白の時間になります。
退職すればすぐに新しい仕事が見つかるわけでもありません。
なかなか転職先が決まらない間の空白期間は、転職に影響を与えることはあるのでしょうか。
確かになかなか仕事が決まらない場合は人間性を問われることも考えられます。
離職するならばどの位までに新しい転職先を探そうとするのが一般的です。
なかなか決まらないとなると、働く意欲に欠けていて仕事をあまり探していないのではないか、計画的に行動できない人間なのではないかと思われる可能性すらあります。
どの企業も不利になると言うわけではありませんが、たとえば半年もの長期間にわたりブランクがある応募者を見れば、企業側からマイナスイメージに捉えられることもあるのです。
実際に、皆さんもゴールデンウィークや夏季休暇などの長期休暇明けは、なんとなく仕事のモードに切り替えるのが難しくなったりしませんか。
これが数か月のお休みモードになると、さらに仕事モードへの切り替えは難しくなるのも当然です。
企業への印象だけではなく、自分自身にも不利になってしまうことでしょう。

仕事への感覚が鈍らないうちに転職先を見つけるべし

また、専門職などはとくに離職している間に仕事の要領などを忘れてしまう可能性もあります。
それに、ITやWeb関連のエンジニアであれば業界を離れているうちにどんどん技術は進化していきます。
ブランクが年単位になればスキルを忘れるどころか、新しい情報やスキルについていくのも難しくなるのです。
できるだけ、どの職種であってもスキルや仕事への要領を忘れないように空白期間が短くなるように新しい転職先を見つけられるように努力すると良いでしょう。

実際どのくらいのブランクであれば許容範囲になるの?

では企業側から見て、応募者・採用者の空白期間はどのくらいが許容範囲となるのでしょうか。
これと言って答えはありませんが、一般的には3ヶ月程度のブランクであれば許容範囲と言えます。
退職の際は在職中に転職先を決める方もいますが、仕事が忙しくて余裕がなく退職後に転職活動を行う方もいます。
基本的に転職活動にかかる時間は3ヶ月程度はかかると考えられていますので、この3ヶ月を基準に目途をつけて活動すると良いでしょう。
このため、できれば在職中に転職活動を並行して始めておくとブランク期間をより短くできます。

空白期間が長引いても企業にとってマイナスイメージを与えない策

ブランク期間が長引いてしまった場合、面接などでも企業側から質問に上がるはずです。
このときに一番悪い印象を与えないのは、資格取得の勉強を同時に行っていたということです。
とくにキャリアアップのための資格、応募した職種・企業で活かせる資格を取得する場合であればマイナスというよりもプラスのイメージにつなげられます。
また、英語力を活かせる仕事に就きたい場合は、TOIECの点数を上げるために語学留学をするというのも理由の1つに挙げられます。
語学留学をした結果、TOIECで何点にアップできたなどと具体的な数字を提示すると、会社からの好印象につながる可能性が高いです。

CONTACT