上司が嫌いでストレスが溜まる!限界が来る前にオススメの対処法

働き方

会社は選べても上司は選べない。 会社としてはホワイトなんだけど同じ部署の上司は最悪。同期は幸せそうなのに自分は地獄だ。 実は上司次第で会社の状況は変わってしまうんです。 嫌いな上司と仕事すると本当にストレスが溜まります。 上司って理不尽で自己中。仕事はしないくせに文句は言ってくるし、変なところで厳しい。 こんな上司と仕事したくない!と言っても、会社勤めをしている限りなかなかそうはいきませんよね。 そんな上司が嫌いで仕方ないというあなたにとってオススメな対処法をご紹介します。

反論できないほど有能になって上司を見返す

これが一番簡潔な方法です。自分が有能になってしまえば嫌がらせをされる心配がありません。

上司があなたにストレスをあたえてくるのは何故か。

それはどこかであなたに「こいつは何言ってもいいやつ。どうせ怒らないし」となめられているから嫌がらせをしてくるんですね。

なめられた原因はあなたにあります。「あいつは仕事ができない」というレッテルを貼られた原因があるはずです。

それは単純な仕事のミスなのか仕事が遅いのか、そうじゃなくて飲み会での対応やコミュニケーションが下手だからなのかもしれません。そういう部分もひっくるめて「あいつは仕事ができない」と思われているんです。

「あいつは仕事ができない」と思われているなら見返すしかありません。見返すには自分は有能だと思われなければなりません。

有能だと思われる方法は簡単です。それは相手の先手を取れば有能だと思ってもらいやすいです。

上司に頼まれる前にその仕事を終わらせておく。事前に準備が必要なものがあれば先に用意しておく。上司が文句を言ってくる前に問題を潰しておく。

これくらい先手を打てるようになれば、上司もあなたのことを有能だと認め、虐めてくることもないでしょう。

「あいつは仕事ができない」という先入観を持たれているので「見返す」まで時間が要すると思いますが、急に立場が変わることはありません。コツコツ継続していき、いずれ見返してやろう!の気持ちで頑張ってください。

上司を人間ではなく何か物と思ってストレスを溜めない

これはふざけた提案ではなく、結構効果的な方法なのですが、上司を上司と思わず、何か物だと思うこと。

例えば上司を「たまねぎ」だと思うことにします。

何かガミガミ怒られたり、グチグチ言ってきたとしても、「たまねぎが何か言ってる。」と思ってイライラしません。

人間でも上司でもないただの「たまねぎ」だったら相手を格下と思えるようになってきてイライラしません。

これは人前でプレゼンする時に「緊張するなら人間を物(たまねぎ)と思って物(たまねぎ)に喋っていると思え」と同じ手法ですね。

コツは本当に嫌いなもので例えて見てしまうともっと嫌いになってしまうので、感情移入しない物で例えましょう。

上司に期待せず、ストレスは溜まるものと諦める

あなたのストレスの元になっているかもしれないその「上司」は仕事ができるから、社内で評判が良いから、経験値があるから、どちらにせよ、何か会社から評価を受けているからあなたの上司になっているのです。

上司がそのポジションにいる限り、上司は変わりません。

社会は不条理でもちろん、あなたの思う通りに進みません。

世の中はそんなもんだと思い、期待しなければ気持ちも楽になりますよ。

何かに期待し、裏切られた結果だからイライラするのです。

上司もあなたの理想とする上司からかけ離れているからイライラするのであって、上司はこんなもんだと諦めてしまえば、気持ちが楽になりますよ。

しかも「ストレス」は全くないよりも少しはあったほうが、脳や健康に良いと言われています。

自分を変えることはできても他人を変えることはできませんもんね。

どちらにせよあなたは心のどこかで上司を「期待」してしまっているから、相手を「期待しない!」と決めてしまえば楽になります。

CONTACT