年収を上げたい?年収を上げる確実な5つの方法

働き方

なぜ年収がアップしないのか分析する

なぜ年収アップしないのでしょうか。先ずは現状を分析する必要があります。

盲目的に無駄な努力をして道を間違えるより、現状を分析して正しい方向に努力していった方がよくないですか?間違った方向に努力してしまうと時間だけが搾取されてしまいます。

じゃあどうすればいいか?具体的な方法や仕組みをお伝え致します。

定期昇給及びベースアップを狙う

昔の人たちは経済的によかった時代なので、何もしていなくても毎年必ず昇給がありました。

しかし、私たち現代人は毎年の定期昇給やベースアップは全く期待ができません。

ベースアップは経済的成長が大前提。労働組合がないところでは労働条件の改善なんてありません。

定期昇給も良くて月5,000円上がればいいほうです。前途で述べたとおり、定期昇給が無いことなんてザラです。

定期昇給が月5,000円あったとしても年60,000円。ボーナス分を試算したとしても年10万程度のUPですので、大幅にUPするのは無理ということが分かります。

昇進して役職に付く

たいていの会社で言えることだと思いますが、昇進して役職に付かないと給料は上がりません。平社員時はたいしたこと無かったけど、役職に就いた途端に給料がハネ上がったりすることも。

しかし、注意しなければならないのが役職に就いたからと言って必ずしも年収が上がるとは限りません。

役職に就いたから「残業代」が付かなくなり、下手したら平社員の給料+残業代で貰っている人の方が給料が多いケースも。

役職に上がると同時に「責任」も増えますので、平社員の時の方がよかったという声もチラホラ伺います。

資格を取って年収を上げる

現状で働いている会社で資格を取ればベースアップする「資格手当」制度があるのか。ないのであれば、「○○の資格を取りました!」と言ったところで、「あ、そう。」と一蹴されるかもしれません。

資格というものは本当に意味あるんでしょうか?っていうレベルのものまで沢山あり、だいたいは勉強量と時間量が給料UPという対価に繋がらないことが大半です。

例えば中小企業診断士という資格がありますが、その資格で収入が上がるのでしょうか?必要としない企業には全くといっていいほど必要ない資格です。

残業や休日出勤を増やす

残業手当、または休日出勤手当がある企業限定となりますが、これらを増やすことが手っ取り早い年収を上げるテクニックとなります。

世間的に残業代で稼いでるサラリーマンの方が大多数ではないでしょうか。

しかし、最近のブラック企業問題による長時間残業の廃止。働き方改革によって「残業40時間まで」と決められている企業も増えてきました。また「みなし残業制度」という形で「40時間分は今の年収に含まれている。40時間を超えてから残業代が付く。」という改革が「働き方改革」とのことです。

みなし残業制度って名ばかりの制度ですよね。。。

副業して稼ぐ

残業代で稼げない人は仕事終わりの時間や休日の時間を使って副業をすれば稼げます。

会社の定期昇給は月5,000円ほどかもしれませんが、自分の努力次第で月1~10万までは働きながら可能です。仮に軌道に乗り出したらこちらが本業になるかもしれません。

今ではクラウドワークスなどで簡単に仕事が探せますし、特に技術が要らないデスクワークなど種類が豊富です。一度ご覧になってみて下さい。

とは言っても、今だに副業を認めていない会社も多いですので、そういう方針の会社では副業をしないように注意してください。

その会社ごとに副業に対する考え方がありますので、副業が禁止されているからといって、会社に対して信頼度を落とさないのが大事です。

CONTACT