既卒と新卒向けエージェントのおすすめの選び方

転職

在学中、あるいは卒業後の就活は、少しでも有利に無駄なく就活を進めたいですよね。 そんな中で疑問を持つのが、既卒、新卒エージェントの違いについて。 定義としては「在学中の就活は新卒」「卒業済みの就活は既卒」ですが、 どちらも就職経験はありません。 となるとエージェントを使い分ける必要はあまり無いように思えてしまいます。 しかし、両者の違いは明確にあり、決してどちらでも良いというわけではないのです。

既卒エージェントと新卒エージェントの違い

一見すると両者は似ているように思われますが、獲得するターゲットが明確に異なっています。

それぞれの不利な点に対応した適切なサポートを受けることが出来ますので、違いを考慮して選ぶ必要がありますね。

一方、大手エージェント企業では自社のみで新卒、既卒(第二新卒)、総合転職で部門を分けている場合もありますので、求人数の多さも考慮すると最初は大手に申し込むのが安全と言えるでしょう。

小規模エージェントは総合転職でメリットがある場合が多いです。

新卒者、既卒者の方々は各々の違いを理解して、就活を有利に進めて欲しいと思います。

新卒エージェントとは

新卒就活生専門のエージェントとなります。

新卒者に限定して募集をかけている企業と強いコネクションを持ち、言葉遣いや服装から指導してくれる就活生専門のスペシャリストです。

新卒エージェントの特徴

  • 新卒者を積極採用している企業にコネクションがある
  • 専任のキャリアエージェントが付く
  • 基本的に費用は無料
  • ESの添削やSPI対策も実施
  • 就活までのスケジューリングもするので学業との両立がしやすい
  • 未公開求人を持っている
  • 新卒者の面接対策に特化している

新卒エージェントを利用する上で最大のメリットは、新卒者特有の対策を練ってくれることでしょう。

セミナーや予備校、本で習うよりも確実に就職への近道になります。

そして以下のような新卒者が就活に於いて不利な点もしっかりと熟知していますので、的確なアドバイスや指導を受けることができます。

新卒者の不利な点

  • 履歴書の書き方、応募動機の作成
  • 学生時代の活動を基にしたアピールポイントの考案
  • 未経験の筆記試験対策
  • 面接時のマナー

正にゼロからスタートする学生さんにとっては、ボンヤリとしたキャリアプランを明確化し、就職までリードしてくれるエージェントは心強い存在になります。

現実的に言えば、「何がやりたい」「どんなビジネスパーソンになりたいか」等が定まっていなくても無理もない年代が多いので、そういった部分を補完する為にもサポートを受けたいですね。

新卒エージェントの選び方

  • 新卒者採用企業とのコネクションの強さ
  • エージェント企業の規模
  • 公開求人のホワイト企業の数
  • 実際のサポートがしっかりとヒアリングに基づいているか
  • ある程度ペースを合わせてスケジューリングしてくれるか

新卒者はあくまでもまだ学生なので学業も大切です、リードが強引ではないか、スケジューリングに無理がないかどうかを慎重に判断しましょう。

加えて、企業に対しての知識が浅いうちはエージェントの言う事ばかりを鵜呑みにしないように、しっかりとホワイト企業の求人があるかどうかも大切なポイントです。

ネットで口コミを見るのも有効ですし、

大学生であればサークルやゼミの同期、OBから情報収集も可能です。

既卒エージェントとは

既卒者の就職希望者を対象としたエージェントです。

新卒者という枠では無いので総合転職エージェントを利用してしまう場合があるようですが、それは避けた方がいいと言えます。

総合転職がコネクションを持っているのは中途採用や実務経験、保有スキルを重視する即戦力になる人材を求めている企業がメインです。

従って、新卒者と中途採用の中間にいる既卒者には高い効果が見込めません。

初めから既卒者採用を実施している企業に特化したエージェントを利用する方が、労力と時間の面でも有利に働きます。

既卒エージェントの特徴

  • 既卒者の積極採用をしている企業とコネクションがある
  • 模擬面接やESの添削等も実施
  • 専任のキャリアエージェントが付く
  • 基本的に費用は無料
  • 未公開求人を持っている
  • 既卒者の面接対策に特化している

最も重要なのは、既卒者の面接対策に特化しているという点でしょう。

既卒エージェントと言われる以上当然と言えますが、

以下の通り既卒者の不利な点を挙げてみると重要性が見えてきます。

既卒者の不利な点

  • 卒業からの空白期間が企業側から不信に思われる
  • 既卒者向けの求人自体が少ない傾向がある
  • 新卒や第二新卒、中途採用とも違う

一般的に第二新卒とは、卒業後就職してから数年の内に転職する方を指しますので、既卒者はこれにはあたりません。

就業経験のある第二新卒は企業としても将来性を感じやすく、卒業から就職している期間を見て積極性があると判断する傾向があります。

又、残念ながら就活が上手くいかずに新卒者から既卒者になってしまった方は、個人で続けていると自分が新卒者ではなくなった自覚が芽生えにくく、既卒者特有のアピールポイントを掴み切れないという状態にもなりがち。

そういった既卒者の不利をカバーするのが、既卒エージェントの役割となります。

「なぜ既卒になったのか」「卒業後はどんな活動をしていたのか」こういった新卒者や第二新卒者には起こらないであろう企業側からの疑問にももちろん対策を練ってくれる上に、

既卒者採用企業に絞って数社にエントリーするようサポートするので、採用確率も飛躍的に高まります。

既卒エージェントの選び方

  • 既卒者採用企業とのコネクションの強さ
  • ヒアリングをしっかり反映してくれるか
  • エージェント企業の規模
  • 実際の既卒者期間の過ごし方について親身に考えてくれるか
  • エントリー候補企業を複数紹介してくれるか

既卒エージェントを選ぶ際は、以上のポイントを事前に確認しましょう。

既卒期間をどう過ごすかは人の自由です。

海外を渡り歩いていた、何もしなかった、ボランティア活動をしていた等色々な形があるでしょう。そう言った実際の情報からどういった面接対策を練ってくれるのかも既卒エージェントの仕事の一つ。

自分の経歴に自信が無い場合、ありのままを話してどう肉付けしてくれるかも大切な選定基準です。

既卒者は孤独な戦いになることが多いですが、知人友人から情報収集したり、口コミを参考にするようにしましょう。

CONTACT