会社員に向いていないと悩む方必見!根本原因とおすすめのお仕事を徹底解説

働き方

サラリーマンとして勤める毎日の中で、自分は向いていないんじゃないか。という悩みに直面することがあります。

そんな方々に共通する原因の代表例はこちらの4つ

1.週5日~6日のルーティンワークに嫌気がさしている

2.同僚や上司との人間関係に疲れ切っている

3.満員電車通勤で会社に行くだけでヘトヘト

4.人から与えられる仕事に魅力を感じない

人の悩みはまさに十人十色と言えますが、多くの場合がこれらに関連、あるいは該当している場合が多いです。

今回はそんな悩める企業戦士の方々が少しでも人生を謳歌できるよう、

それぞれの悩みを抱えた方の特徴や資質を分析し、それに基づいたおすすめのお仕事をご紹介していきたいと思います。

1.週5日~6日のルーティンワークに嫌気がさしている

この悩みを抱えているのはこんな人

単調作業、同じ内容の繰り返しや会社に缶詰め状態になることが苦痛に感じるという方は、毎日の仕事にもある程度の自由を求め、アクティブに刺激を求める向上心のある方が多いです。

加えて、仕事に面白みや刺激を感じることが出来れば飛躍的にスキルが伸びていくという特徴も併せ持っています。

反面、刺激に慣れてしまうと更に違う刺激を求める傾向もありますので、マッチする仕事に出会うまでは長く続かない可能性もあります。

おすすめのお仕事

1.フリーランスツアーコンダクター

顧客の旅行ツアーに同行して案内をするお仕事です。

旅行自体がお仕事となりますので、顧客のアテンドが苦にならない方は大変楽しめるお仕事になっています。

又、上司や同僚と言う存在もいませんので、派遣登録やツアーコンダクター会社等に自分を売り込んで対クライアントとして接していくことになります。

2。フルコミッション営業

営業と一口に言っても、不動産や医療機器、広告関係や貿易系等多種多様なジャンルがありますので、興味のある業界を選ぶのが良いでしょう。

お得意先や顧客のところへ出向いたり車移動もあるので、じっとしているのが嫌いな方におすすめです。

企業に属さない形態となりますので、実力次第の世界となります。

2.同僚や上司との人間関係に疲れ切っている

この悩みを抱えているのはこんな人

上司や同僚との付き合いはもちろん、お酒の席も苦痛に感じてしまう方は多くいらっしゃいます。

頼まれごとに関しても断り切れず、無理をして請け負ってしまうこともしばしば。

そういった方は一人で没頭できる環境や仕事があれば最高のパフォーマンスを引き出せる場合が多く、身につけたスキルである程度自立してお仕事をした方が成果に結びつくでしょう。

しかし、一人でやる仕事接客が無い仕事は意味合いが異なってきますので、自身が社内と社外どちらの人間関係を苦痛に感じているのか、あるいはその両方なのかを正しく把握する必要があります。

おすすめの仕事

1.在宅webライター

フリーランスであれば上司や同僚という物が存在しない環境で自身の裁量で仕事を進めることが出来ます。

一方、個人事業主となるのでクライアントとのやり取りは必須となります。

加えて、業務、営業、経理を一人でカバーするような形となる点は注意した方が良いですね。

ありとあらゆるジャンルが有りますので、会社員時代に会得した知識ももちろん活かすことが出来ますが、あまり外出しないと世俗に疎くなりネタに困ってしまう場合があります。流行り廃りはいち早くキャッチ出来るように最低限お出かけはした方が良いですね。

2.アフィリエイト

収益化までに少々時間がかかりますが、一度軌道に乗れば継続的に収入を得ることが可能です。

ブログへの広告掲載は最も基本的なスキームですが、FXIBYouTubeの広告収入等、時代の変革に伴い種類も増えている上に、

下手をすれば全く人と関わらずに一人で完結させることが出来ます。

3.満員電車通勤で会社に行くだけでヘトヘト

この悩みを抱えているのはこんな人

シンプルに往復約二時間程度の通勤を無駄と感じる場合や、マナーの悪い人が目についてしまう、そもそも他人との近い距離感が耐えられないという方がいらっしゃいます。

こういった方は自分のタイムスケジュールをある程度俯瞰することが出来、周りを観察する能力に長けています。

又、朝のラッシュは隣に居合わせる人も憂鬱な表情をしていて、ストレスの度合いによっては乗客同士のトラブルにも発展しますので、そういったリスクヘッジの観点からも合理的な思考を持っていると言えますね。

おすすめの仕事

1.在宅システムエンジア

雇用関係に無く、もちろん通勤とは無縁の生活を送ることが可能です。

しかし、エンジニア業界はスキルが物を言う世界となりますので、未経験者が突然フリーに転身するのは難しいと考えた方が良いしょう。

現在は会社勤めでもリモートワークを推奨している企業が多くありますので、企業によっては下積み期間も含めて生活から電車を除外することが出来そうです。

2.通勤自体を無くしてしまう

現職のオフィスから徒歩圏内の物件に引っ越すか、フルリモートワークに切り替えてもらう等、ある程度自力で解決出来る場合もあります。

運動も兼ねて自転車通勤に切り替えるのも大変有効ですね。

4.人から与えられる仕事に魅力を感じない

この悩みを抱えているのはこんな人

自身で仕事を創り出し、頭脳やスキルをフル活用して利益を出すことにやりがいを感じる方が多い傾向です。

もちろんその意欲に伴う自己啓発も厭わない姿勢がありますので、一介のサラリーマンでは物足りず、スキルや資格を取得して独り立ちするパターンもあります。

一方で、こういった考え方は主に外資やボトムアップができるベンチャー等に重宝され、日系大手に於いては出る杭は叩かれてしまうこともあるので注意が必要です。

おすすめの仕事

1.起業

自身の得意スキルを活用すれば、いつでも社長になることが出来ます。

又、会社員の段階で人脈を構築しておけばスムーズにスタートダッシュを切ることも出来るでしょう。

自分で仕事を取って利益を得る最も代表的なスタイルとも言えますので、軌道に乗れば思うままに事業展開が可能です。

2.投資家

投資家と言えば数百万~数千万円という大金が必要なイメージがあるかもしれませんが、初めのうちは10万円程度からでも運用を始めることが出来ます。

FX、株式、仮想通貨等の種類がありますので、十分に勉強してからスタートしましょう。

スキル次第で莫大な利益を得ることが可能です。

まとめ

サラリーマンに適性が無いからと言って、出来る仕事が無いわけではありません。

現在は様々な形態の働き方が有りますので、逆に自身の適材適所を見極める良い機会と捉えた方が有益と言えるでしょう。

悩みの根本原因を見つけ出し、理想と現実のギャップを埋められるようなお仕事が見つけられるよう、今回の記事がお役に立てば幸いです。

CONTACT