ブラック企業から抜け出す方法!すぐにでも会社を辞めたい人は必見

退職

一昔前よりもコンプライアンスが整備された昨今、法令を遵守していない所謂ブラック企業は徐々に淘汰されてきているのかもしれません。 しかし、厚労省や労働基準監督署の網をかいくぐり、水面下でブラック運営を続ける企業は未だ存在します。

ブラック企業に見られるのは以下の特徴

・過剰な長時間労働

・残業代が支払われない

・悪質なパワハラやセクハラ

・最低賃金規定を下回る給与

これらは代表的な例であり、知らぬ間に管理職ポストに就かされて残業代を削減されると言った確信犯的な事例も散見されます。

その他にも、些細なミスのペナルティとして会社の備品代や交通費を実費で支払ったり、

数時間立ったまま暴言混じりの説教をされたり等、例を挙げればキリがありませんね。

一方で、何かしらの理由で会社を辞めることが出来ないという方が多くいらっしゃるのも事実です。

そこで今回は、辞められない理由にフォーカスして、ブラック企業からなるべく安全且つ精神的負担をかけずに抜け出す方法をご紹介していきたいと思います。

現状当てはまってしまう方は是非ご参考頂き、ホワイト企業へ歩み出して頂ければと思います。

ブラック企業を辞められない代表的な理由

1.退職意思を伝えると会社(上司)が脅してくる

意を決して退職意思を伝えると

・辞めたら実家に怒鳴り込む

・損害賠償を支払え

・次の人材も見つからないのに辞めるなんておかしい

(往々にして次を探す気もありません)

以上の行為は在籍強要と言われており、

こうして会社、あるいは上司から強烈な脅しを受ける場合が有ります。

 

何も悪いことはしていないはずなのに、オフィスや企業組織という閉鎖空間にいると自分が間違っているような気になってしまうのも無理はありませんね。

こんな時の対処法は

・基本的に退職は本人の自由と民法で定められている

・脅迫行為はそもそも犯罪行為

・労働契約違反での損害賠償請求は出来ない

・次の人材を見つけるのは会社の都合

以上をしっかり念頭に入れて再度退職意思を伝えましょう。

この時に、ボイスレコーダー等で音声を録音しておくと非常に効果的です。

退職意思を伝えた後は内容証明郵便で記録を残しておくと更に安心ですね。

2.自分が辞めると同僚に迷惑をかけてしまう

あまりの激務や心労で心身に不調を感じて退職を検討する時に

仲のいい同僚の存在が気になって躊躇してしまうことがあります。

自分がいなくなった後、更に仕事が増えて辛い思いをするんじゃないかと心配になり、

酷い場合には責任逃れと自分を責めてしまうこともあります。

こんな時の対処法は

この場合は精神論のような形になってしまいますが、

大切なのは自分自身の人生であるということを忘れてはいけません。

確かに苦楽を共にした仲間は大切な存在と言えますが、

それを理由に我慢した結果、過労死してしまうことも当然あり得ます。

現に残業過多で精神が疲弊して自害を選んでしまった事件も数多くありますので、まずは自分の健康を優先するようにしましょう。

そういった理由であれば、思いやりのある同僚であれば引き止めないはずです。

3.未払いの残業代が多く回収してから辞めたい

月間100時間以上の残業をしているにも関わらず残業代が明らかに少ない、あるいは全く支給されていない場合、そのまま退職すると無かったことにされそうで不安ですよね。

積み重なると数十万円を超えることもありますので、正当な対価としてしっかりもらっておきたいのも当然です。

こんな時の対処法は

まずは自分の時間外労働を証明する証拠が必要です。

・打刻したタイムカード

・社用パソコンの電源ONOFFの時間

・業務日報

・日記や手帳のメモ

以上を準備できるか在籍中に確認しましょう。

もちろん出来る限り詳細な本来の残業代を計算しておくのも大切ですね。

又、会社に対して未払い請求をしても応じてもらえない場合は、

自分の労働時間を証明するエビデンスを労働基準監督署へ提出することによって

企業に対して指導を入れてもらうことが出来ます。

5.転職期間の生活費が心配

今の会社を辞めることに全く抵抗はなくても、転職先が決まるまでの生活費が不安で躊躇してしまうこともあるでしょう。

実際のところ雇用は社会情勢の影響を大きく受けますので、先が見通しにくいことがボトルネックになってしまうことが多いです。

こんな時の対処法は

まず退職をする前に、自分が以下に該当するかを確認しておきましょう。

・パワハラやセクハラを受けており、それを証明できる

・賃金の3分の1を超える額が支払われなかった月が二か月以上続いた

・直近の3ヶ月に於いて月間45時間を超える残業をさせられた

・「お前いらない。クビ。」等と退職を促すような暴言を吐かれた

これらに該当する方は、失業手当を受ける際に特定受給資格者としてすぐに支給を受けることが出来ますので、利用しない手は無いでしょう。

加えて、雇用保険の加入期間によっては受給期間自体が長くなる可能性もあります。

もちろん今回挙げているのはあくまで一部となり、その他にも労働者が保護されるような条件が多くありますので、気になる方はハローワークに問い合わせてみて下さい。

困った時の相談先

自分が勤めているのはブラック企業かもしれない、

でも上司はもちろん同僚にも相談相手がいない。

そんな時は以下の窓口に問い合わせましょう。

労働に関する問題は人の命にも関わってきますので、躊躇せずにすぐ連絡しましょう。

・労働基準監督署

労働基準法に基づいて必要なアドバイスや対応をしてくれます。

・労働条件相談ほっとライン

厚労省が設置する電話窓口で、夜間や土日でも受け付けています。

・労働局

いじめ等の人的被害に幅広く対応してくれる機関です。

どうしても直接言い出せない時は

すぐにでも辞めたいが、直接言い出すことに抵抗があり中々踏み出せない。

こんな状況もブラック企業では当然あり得ます。

そしてそんな方におすすめのサービスが、退職代行サービスです。

これは名前の通り本人に代わって会社に退職手続きをしてくれる業者となっており、会社から執拗に引き止められたり、恫喝される憂鬱さから解放される便利なサービス。

相場としては3万円前後となっていますので、精神的負担と天秤にかけて検討するようにしましょう。

又、悪質な業者も残念ながら存在しますので、安全に弁護士に代行してもらうという手もあります。

まとめ

ブラック企業は働くのも大変な苦労を伴いますが、退職する時の苦痛はそれを超える場合が有ります。

しかし、日々の我慢が積み重なった結果、精神疾患や自傷行為に走ってしまう事例も多くありますので、まずは自分の今後を第一優先に考えましょう。

もし今一歩踏み出せない場合は、弁護士や行政機関に頼るのもおすすめです。

CONTACT