30代無職でも目指せる仕事のプロフェッショナル

採用

不安定な社会情勢の中で、会社から解雇されてしまった方や止む無く事業を手放すことになった方も多くいらっしゃいます。 又は、20代のうちに自発的に仕事を辞めて就職出来ていないという方も当然いらっしゃるでしょう。

30代で無職でいることのリスク

30代で無職でいることのリスクは一般的に以下の通り

・年齢が上がる毎に就職難度は高くなる

・親御さんにも頼りにくい

・バイト先等で中堅層の年齢にも関わらず、新人であることの気恥ずかしさ

これらの他にも様々な事情が絡み合い、人によっては精神的な問題で家から外に出られなくなってしまう場合もあります。

30代と言えば体力的にもまだまだ衰えておらず、働き盛りの世代ですので、これは社会的にも大きな痛手と言えますね。

そこで今回は、30代無職で職歴もあまり無い方におすすめのお仕事をご紹介していきますので、企業の主力として活き活きと働けるような職場に巡り合うきっかけになればと思います。

仕事探しのポイント

30代からの就職活動は間口が狭いこともあり、募集要項を見てある程度絞ることも大切です。

まずは面接の土台に乗るような仕事を求人からピックアップしていきましょう。

1.募集の年齢制限

求人広告には一般的に「キャリア形成のため~代まで」といった文言が記載されています。

基本的にこの文言が20代となっている場合は検討から除いた方が無難です。

20代募集の場合、高度なスキルは求められていませんが、長期的視野の主力育成の為に若手を起用したいという企業の狙いがある為です。

2.未経験歓迎・経験不問を狙う

これまでの経験を問わない求人であれば間口も広く、本人の人間性を重視する企業が多い傾向があります。

期間工や現場系の仕事が多いイメージですが、本人のスキル次第な営業職にも多い募集要項です。

正社員として安定雇用されて且つ昇給が見込める求人を探すと良いですね。

3.知人友人の紹介

知人や友人の経営する企業であれば、採用までの難易度は下がるでしょう。

又、管理職に就いている友人に口利きしてもらう等も大変有効な手段です。

中小企業に比較的あり得る採用ルートとなりますので、一度世間話程度にお話ししてみるのもいいですね。

4.これまでの経験スキルを洗い出す

今までに身につけたスキルを整理してアピールポイントに変えましょう。

HP作成や動画編集スキルは重宝しますし、経験職種があればそれを活かすのも有効です。

30代からでも身につけられるスキルと資格

就職を目指して資格勉強や新たなスキルを身につけるのも非常に効果的です。

今回は年齢不問且つ就職に有利なものをご紹介していきます。

1.宅地建物取引士

年齢や学歴は関係なく、誰でも受けられる国家資格です。

難易度もそこまで高いものではなく、数か月堅実に勉強をすれば十分合格を狙えるでしょう。

もちろん不動産業界への就職に有利ですが、取得後にフィナンシャルプランナー等を取得しても相性抜群です。

2.ブラインドタッチ

キーの位置を覚えるだけであれば、早くて3日程度で習得が可能です。

慣れてくればスピードも付いてくるので、1か月もあれば仕事で通用する程度には上達するでしょう。

オペレーター業に役立ちますが、未経験可の事務職等でも役に立ちます

3.介護職員初任者研修

こちらも学歴不問で受講可能となっており、介護業界で働く入門資格と言えます。

ここから徐々にステップアップしていくことが出来ますので、将来性も十分にありますね。

少子高齢化が進む現代に於いて、介護業界の求人は間口が広くなっている傾向ですのでおすすめ資格の一つと言えます。

おすすめのお仕事

1.不動産営業

管理職採用や、即戦力を希望している中小企業は難しいかも知れませんが

大手であれば未経験から募集しているところが多い傾向です。

特殊スキルはこれと言って必要なく、コミュニケーションと契約手配を覚えれば後は慣れていくだけです。

給与に関しても23万円~と高めに設定されている場合がありますので、腰を据えて働けるおすすめのお仕事です。

又、宅建を持っていると資格手当が付く場合もありますので、就職してから資格勉強をするのもいいですね。

メリット

・給与水準が比較的高い

・未経験でも応募可能

・資格手当がある

デメリット

・営業ノルマが厳しい企業もある

・コミュニケーション能力が重要

・契約書類等の取り回しに慣れる必要がある

2.介護職・ヘルパー

高齢者が増え、介護業界のニーズは年々高まっています。

未経験で無資格でも応募できる企業が多くなっていますので、大変就職しやすい状況と言えるでしょう。

高齢者介護や児童養護施設に始まり、NPO法人が運営する職業訓練学校等種類も豊富です。

加えて、介護関係の資格を持っていれば管理者への道も開かれますので、今後を踏まえても一考の価値はあります。

メリット

・未経験でも応募可能な企業が多い

・実務を蓄えて資格を取れば管理者にもなれる

・入門資格が比較的簡単

デメリット

・ホスピタリティの精神が求められる

・力仕事が発生する場合が有る

・最初のうちは給与水準が低い傾向がある

3.自動車期間工

まとまった資金を得るには近道となるお仕事。

職歴を問われることも無く、給与水準も一般的に30代の平均以上となっています。

就業中に資格勉強をするのがおすすめですが、そのまま正社員雇用を目指すという道もあります。

一方、期間工の業務によっては肉体的に辛いものもありますので、応募する段階で慎重に検討するようにしたいですね。

メリット

・給与水準が高い

・期間が決まっているのでメリハリをつけて働ける

・別の期間工への就業がしやすい

デメリット

・体力が必要になる場合がある

・基本的に期間満了と共に退職

・社会情勢の煽りを受けやすい

まとめ

30代で学歴や職歴が心細いからと言って、就職への道が閉ざされているわけではありません。

未経験職種であってもチャレンジできる求人は多数ありますので、積極的に応募していきましょう。

又、お仕事に適した資格を取得することでその後のキャリアも期待することができ、10年後の40代になる頃には管理職のポジションに就くことも全く不可能ではありません。

求職の際には、是非将来性も踏まえてご検討頂ければと思います。

CONTACT