転職が決まらない人は必見!自分だけでは気づかない特徴を知って採用を勝ち取る

転職

様々な理由から退職し、次のステージで活躍するために転職活動をしている方は多くいらっしゃると思います。 しかし、企業とのマッチングが上手くいかなければ当然採用されることは難しく、それが何度か重なると焦りに繋がりますよね。 人によっては自分自身の価値に疑問を持ち始めたり、精神的に参ってしまうというパターンもあるでしょう。 ですが転職が上手くいかない方にはいくつかの共通点があることが多く、それらを意識して解消することで劇的に状況を変えることができるのです。

転職が決まらない人の共通点

まずは転職が決まらない要因となる特徴について見ていきましょう。

一つでも該当してしまった場合でも過度に気にすることはなく、むしろ次への改善点としてポジティブに捉えるのが成功の秘訣です。

1.自信が無さそうに見える

自信が無さそうに見える方には、主に以下のようなポイントがあります。

・猫背でうつむき加減な姿勢

・伏し目がちで面接官と目を合わせない

・声が小さく聞き取りにくい

これらの他にも、語尾が消え入るような明瞭ではない言葉遣いであったり、「ああ、、、」「まあ、、」といった要領を得ない返答も確実にマイナスイメージ。

場合によってはやる気がないとも捉えられかねませんので、十分に注意したい特徴ですね。

2.身だしなみが汚い

初歩的なことですが、意外と盲点になっているのが身だしなみです。

男女共に共通するのはスーツにシワが目立っていたり、犬や猫と暮らしている方は毛が付いていたりするのも面接官は見逃しません。

また、その他のポイントは以下のようなものがあります。

・寝ぐせのままになっている

・靴に汚れが付いている。あるいは履き潰している

・(男性限定)髭の剃り残しがある

意識していればどうということはありませんが、緊張して焦っていると思わず見落としてしまいそうですよね。

また、神経質な方に多く見られる特徴でもあります。

3.企業のニーズと合っていない

ある意味で最も致命的ともいえるのがこの特徴でしょう。

採用に至るには、応募者の希望と企業の求める要件がマッチングすることが大前提です。

極端な例としては、企業として中国語が堪能な営業職を戦力に加えたいと思っていても、応募者の得意スキルが英会話ではこの時点でミスマッチ。

また、応募者自身がスキル豊富だと思っていても、企業としては少々不十分に感じる場合もあるでしょう。

こういった事例はキャリア採用の募集に多く散見され、現実的に自身の経験やスキルを分析できていない方が陥りやすい傾向があります。

4.履歴書・職務経歴書が整っていない

面接以前の段階となりますが、以下のような履歴書・職務経歴書は書類で振り落とされる可能性が高くなってしまいます。

・誤字が多く、字が汚い

・証明写真が適性を満たしていない

・要点をまとめておらず、文章が読み取りにくい

また、履歴書はフォーマットが決まっている場合が多く比較的簡単に書けますが、職歴書に関しては書き方に一定の決まりがあり、読みやすいように整理して作成しなくてはなりません。

これらはリサーチが足りておらず、提出前のチェックを怠ってしまう方に多く見られる特徴です。

5.転職理由を明確に説明できていない

企業としては、前職や前々職の退職理由が大きなチェックポイントになりますので、後ろめたさを感じたり、明確に理由を知ることができない場合はマイナスイメージに繋がります。

この特徴がある方は円満退職できていない方が多い傾向がありますが、言葉の言い換えでカバーすることができます。

・多忙により体調を崩した→頻繁に終電で帰宅していたため、ライフワークバランスを見直したいと思った

・仕事がつまらない→ステップアップのために退職

・パワハラ→企業体質に相違を感じた

この特徴がある方は総じてこういった言い換えができておらず、不明瞭な返答をしている可能性があります。

転職を決めるための対処法

ここからは、転職に有効な対処法をいくつか具体的に見ていきたいと思います。

転職で行き詰っている場合、自分一人の力では解決が難しいこともありますので、是非参考にして活路を見出していきましょう。

1.転職エージェント

何度チャレンジしても上手くいかない時は、転職のプロの力を借りましょう。

自身に足りていないポイントだけでなく、おすすめの企業に関しても的確にアドバイスを受けることができます。

また、応募者が支払うコストが発生しないことも大きなメリットの一つ。

希望する働き方や企業を全て伝えることで、より効果的なサポートを受けることができます。

2.募集自体のランクを下げる

転職が上手くいかない場合、募集要項が自身の経歴やスキルにマッチしていない可能性があります。

そういった場合、最低限譲れない条件を整理して、それ以外の部分で譲歩できる部分を洗い出してみましょう。

給与面や企業規模のランクを下げることで、採用の可能性が高まることがあります。

3.雇用形態にこだわるのをやめる

正社員雇用に固執せず、派遣社員や契約社員採用に切り替えるのも有効な手段です。

一定期間働けば正社員に切り替わる制度もありますので、そういった企業を選んで応募するのも良いですね。

多少回り道となってしまいますが、将来を見据えた選択としては前向きな手段といえるでしょう。

転職において大切なこと

何度も不採用になると不安な気持ちになってしまうのは仕方のないことかもしれませんが、

焦りや気負いは転職活動に何のメリットももたらしてはくれません。

万が一採用に至らなくても、縁がなかったものとしてあまり気にせず、気持ちを切り替えて早急に次の準備に取り掛かった方がよほど効率的といえるでしょう。

転職が上手くいかないことが自身の価値を決定づける理由には到底なりませんので、じっくりと自身にマッチする企業を探すと良いですね。

今回は転職が決まらない人の特徴とその対処法を解説してきました。

大切なのは企業とのマッチングとなりますので、自身がどう見られているかを客観視して、適切に対処して頂ければと思います。

また、焦りは更に悪循環を生んでしまうこともありますので、自身の希望を大切にしつつ、フラットな気持ちで転職活動に臨んでいきましょう。

CONTACT