フリーランスほど名刺はあった方が良い!名刺に入れるべき情報は?

その他

働き方の多様化が進んでいる昨今、フリーランスを志す方も大変増えてきています。 会社に縛られず、自身の好きなやり方で好きな仕事ができることは非常に魅力的であり、雇われて仕事をするよりもずっとやりがいを持って活動できる場合もあるでしょう。 ですが、いざ活動を開始する際に戸惑ってしまうのが名刺。 営業に関しても一人で行う必要があるフリーランスにとっては重要なツールの一つであり、クライアントや同業者から少しでも信頼を得られるような名刺を作りたいところですよね。 そこで今回は、始めて名刺を作るというフリーランサーに向けて、名刺に入れるべき情報と自作と業者のメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

フリーランスほど名刺はあった方が良い

現在のマーケットでは、クラウドソーシング等の発達によってクライアントと直接対面しなくても受注から完結までを済ませることができます。

そうなると疑問に浮かぶのが、「名刺はそこまで必要ないのでは」というポイントですよね。

しかし、名刺には以下のような大きなメリットがあります。

・初対面の方に対してビジネスマンとしての信頼性をアピールできる

・携帯で連絡先を交換するよりも情報伝達が圧倒的に早い

・相手の印象に残りやすい

実際のところ、フリーランスとして活動する以上はクライアントとの打ち合わせや同業のセミナー等に出席することは往々にしてありますので、名刺は持っておいてメリットこそあれど損をすることはないといえるでしょう。

企業という看板がなくなり、自分自身で仕事を獲得する以上はビジネスマンの顔として名刺は持っておいた方が無難です。

名刺に入れるべき情報とは

ここからは名刺に必要な項目について見ていきましょう。

小さなスペースをフル活用することで、より効果的に自分自身の情報を伝えることができます。

1.名前

まず最初に最も大切な項目である名前です。

分かりやすいようにふり仮名やローマ字を振っておくと良いですね。

もちろんペンネームや通名等を記載しても問題ありませんので、何よりも相手に覚えてもらえるように大きめに表記するようにしましょう。

2.屋号

こちらもアピールしておきたい重要項目。

もちろん屋号がなくても活動はできますので、その場合は表記の必要はありません。

3.保有資格等

自身の仕事に関連した資格を持っている場合は表記した方が信頼に結び付きます。

一般的な認識となりますが、自動車免許等はこの場合記載しない方が良いですね。

あくまでも専門性のある資格に限定するようにしましょう。

4.連絡先

電話番号やメールアドレスも忘れずに記載しなくてはなりません。

私用の連絡先については記載する必要はありませんので、使い分けている方は注意して下さい。

5.事業拠点の住所

事務所利用している住まいやオフィスをレンタルしている場合はその住所を記載しましょう。

一方、シェアハウスや実家でご家族と同居している場合は表記しなくても問題ありません。

6.HPURLSNSQRコード

事業用のHPを持っている場合はURLを表記しましょう。

また、TwitterInstagram等のアカウントがある場合はQRコードを載せても良いですね。

自身の実績やポートフォリオを掲載していれば更に効果的です。

7.一言アピールを添える

これは個人の好みによるところがありますが、自身のコピーを一言添えると名刺の印象がぐっと引き締まったものになります。

長すぎず、相手の印象に残るようなものを記載するようにしましょう。

名刺のサイズや紙質も重要

ここからは、実際に名刺を作る前に確認しておきたいサイズや材質の基礎知識をご紹介していきます。

相手方に与える印象に大きく影響しますので、自分自身をアピールするためにしっかり検討しましょう。

1.名刺のサイズ

名刺のサイズは定型化されており、30×56mmと小ぶりのものから70×116mmといった大型のものまで選ぶことができます。

一方、収納しにくいサイズでは相手方が誤って失くしてしまう可能性もありますので、基本的には一般サイズの55×91mmにしておいた方が無難ですね。

2.名刺の紙質

名刺に使われる一般的な紙質は上質紙と呼ばれるもので、ボールペン等で書き込みやすい上に丈夫という特徴があります。

一方、写真等のカラーを入れたい場合はミラーコート等の光沢紙の方が綺麗な仕上がりになりますので、300円程度の追加コストはかかりますが利用した方が良いでしょう。

また、さらに数百円程度を追加すればパールやプラチナ加工を施した高級仕様の特殊紙で作ることも可能です。

自身がどのような印象を与えたいかで決めていきましょう。

3.名刺のデザイン

紙の色や文字色等を工夫してデザイン性を出すのも大変効果的です。

特にデザイン関係のお仕事をされている方は名刺自体を制作物としてアピールすることもでき、相手に対してより強い印象を与えることができるでしょう。

中には材質自体をゴールドカラーの金属製にして強烈なインパクトを与えている方もいらっしゃいます。

名刺を作るには二通りの方法がある

名刺を作る際は、自分で作るか業者に発注するかの二通りがあります。

圧倒的に認知度が高いのは後者だと思いますが、自作にも当然利点は存在しますので、以下でそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

自作のメリット・デメリット

メリット

・ツールで比較的簡単に安く制作できる

・デザインが自由で個性を出しやすい

・少ない枚数から制作できる

デメリット

・ある程度の手間はかかる

・デザインが不得意な方には難しい

・業者よりも手元に届くまでに時間がかかる場合がある

業者のメリット・デメリット

メリット

・情報を入力するだけで簡単に発注できる

・業者によっては最短翌日に届く

・プロデザイナーによるテンプレートが利用できる

デメリット

・業者によっては送料が高いこともある

・小口発注が割高かできないことが多い

・テンプレート外のデザインは基本的にできない

まとめ

フリーランサーにとって、名刺は自身の顔ともいうべき重要なツールの一つ。

一方、会社員のうちは記載内容や材質等も意識しておらず、作る段階で戸惑ってしまうことも当然あると思います。

そういった場合は、本記事をご参考頂くことでスムーズに作成することができますので、自身のアピールポイントや必要情報が盛り込まれた素敵な名刺を作って頂ければ幸いです。

CONTACT