社畜から脱出する方法を学んで会社に縛られない生き方をしよう

働き方

会社に縛られない生き方が今後重要に

健全な人生を送るには、衣食住に不自由しない安定した環境を維持することが大切であり、そのためには社会保険や固定給が整備されている会社員は有効な選択肢の1つといえるでしょう。

しかし、そうした安定の裏には以下のような悩みを抱える方もいます。

・毎日決まった時間に起きて、同じことを繰り返すのが嫌だ

・人生の先が見えているようで生きている実感が希薄

・日々の満員電車が苦痛で仕方がない

これらは1度フォーカスしてしまうと払拭することが難しい一方、様々な事情から抜け出すこともできず、所謂社畜として生涯の大半を費やしてしまう方も多くなっています。

そこで本記事では、会社に縛られた生き方から抜け出したい方に向けて、社畜から脱出するおすすめの方法を解説していきますので、自分らしさを大切にできる環境を見つけ出していきましょう。

会社員を辞められない理由を整理する

同僚や上司と話していると「仕事なんかしたくない」「好きなことじゃなくていいからせめて自由に働きたい」こんな言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

企業レベルでモチベーションが高ければあまり聞き慣れないかもしれませんが、それは全体の風潮に押し殺されて口にだせていないだけという場合もあります。

それでは、多くの方は本心とは裏腹になぜ会社員を辞めないのでしょうか。

社畜を脱出するためにはその理由を整理する必要がありますので、詳しく見ていきましょう。

収入の問題

会社員の収入的メリットは以下の通りとなっており、これらは安定した生活を維持する上では確かに重要な要素ともいえるでしょう。

・毎月の給与が固定されている

・社会保険が健康保険に比べて安い

・半年に1回ペースでボーナスが入る

当然会社員を辞めればこれらのメリットは失うことになるため、社畜脱出を阻む大きな原因となっています。

社会的イメージの問題

会社員は社会的に安定した人物というイメージを持たれることが多く、これを手放すこと自体に不安感を覚えるという方もいます。

また、本人は気にせずとも配偶者や親族から世間体の問題で退職を引き止められてしまうというパターンもあるでしょう。

社畜脱出のおすすめの方法

先ほど解説した通り、社畜から抜けだせない理由は根本を辿ればたったの2つしかなく、現代のマーケットはこれらを簡単にカバーすることが可能です。

そこでここからは、収入と社会的イメージを維持しつつ社畜から脱出できる方法を見ていきましょう。

フリーランスとして独立する

近年活発になっているのが、フリーランスとしての生き方です。

これには相応のスキルが求められますが、意欲さえあれば社畜生活の合間でも十分に身につけることができます。

特におすすめなのは以下となっており、軌道に乗れば家族を養うことも十分可能です。

1.プログラマー

プログラミングスキルは習得が難しいイメージがありますが、現在は良質なスクールが大変増えており、受講者にはそのまま案件を斡旋するサービスを提供しているところもあります。

報酬相場は1案件数万円から数十万円と幅広く高単価で、IT技術の発展に伴って今後も安定した需要が予想されています。

2.ウェブライター

文字をお金に変えるというと、経験のない方はイメージがつきにくいかもしれませんが、商品やサービスのプロモーションにおいて、それらの魅力を最大限に伝えるウェブライターは現代マーケットで大きな需要があります。

実際のところプログラマーよりも学習範囲は格段に狭く、SEO対策や文体等も実務を通して学ぶことができるため、フリーランスの入り口として多くの方がチャレンジしている業種です。

フルフレックスの企業に転職する

社畜から抜け出したくてもフリーランスはやはり不安という方におすすめなのが、フルフレックス制の企業へ転職するという方法です。

フルフレックスは以下のような特徴があり、日系特有の定時勤務に囚われない自由度の高い働き方ができます。

・月間の所定勤務時間を満たしていれば始業と終業時間は裁量で決められる

・所定以上の勤務に関しては当然残業代も支給される

一方、通常のフレックス制は勤務しなくてはいけないコアタイムの設定がありますので、比較的自由度が落ちてしまう点に注意しましょう。

フルリモートの企業に転職する

毎朝の通勤から解放される方法としておすすめなのが、フルリモートという働き方です。

主に以下の2通りの勤務スタイルがあり、業種によって変わります。

・原則自宅から直行直帰不動産等の営業職に多い

・パソコンを利用した完全在宅プログラマー等に多い

近年、社会情勢の影響から多くの企業がフルリモートを取り入れており、もちろん会社員として固定給やボーナスも支給されるメリットがあります。

一方、プログラミングや営業等の希少スキルを持っていれば厚待遇で働くことができますが、テレアポやオペレーター業等の比較的間口が広い業種は給与水準に関してもやや低く設定されている点に注意しましょう。

社畜から脱出するための下準備

ここまでは社畜から脱出するおすすめの方法を解説してきましたが、少しでも安全に環境を変えるには適切な下準備が必要です。

貯蓄をして借金を返済しておく

フリーランス、あるいは転職をするにしても経済的な余裕は最大限に確保しておきましょう。

行動を起こす前に貯蓄を増やし、借金がある場合は返済しておいた方が精神的負担を軽減することに繋がり、選択できる職業の幅が広がります。

スキルを身につけておく

書籍やオンラインスクールを利用して、1つでも多く収益化できるスキルを身につけておきましょう。

先ほど解説したプログラミングやライティングもおすすめですが、語学知識やキャリアアドバイザーも副業需要があり、ピンポイントに狙うのであればECサイトの出品作業補助も比較的簡単です。

まとめ

日々の満員電車や刺激のないルーティンワークは、人によって大きな精神的苦痛に発展することも多く、そういったストレスを押し殺して人生を消化するのは典型的な社畜といわざるを得ないでしょう。

しかし、働き方の多様化が進んだ現代においては、今回解説した方法を参考に、思い切って一歩踏み出すだけで簡単に環境を変えることが可能です。

人生をマネジメントするのは自分自身ですので、いま悩んでいる方は積極的にチャレンジしていきましょう。

CONTACT