「やる気がないなら帰れ!」と言われた時の正解は?上司の特徴や法的措置も徹底考察

働き方

まだパワハラの定義が曖昧だった時代、気難しい上司からは「やる気がないなら帰れ!」という言葉が頻繁に飛び出していました。 コンプライアンスが整備された現代においてそういった上司は大きく減少しましたが、残念ながら旧態依然の企業は未だ存在しています。 では、実際にそういった発言をされた場合はどうするのが正解なのでしょうか。 長く勤めるためには一見すると我慢した方が良いようにも思えますが、健全に働いていくためには「それ以外の選択肢」も念頭に置いておいた方が良いでしょう。 そこで今回は、「やる気がないなら帰れ!」と言われた時の対応や上司の特徴について解説していきます。

「やる気がないなら帰れ!」という上司の特徴とは

ここではまず、そういった発言をする上司の特徴について見ていきましょう。

万が一周囲に当てはまる上司がいる場合は、少々取扱いに注意することをおすすめします。

主観が強く部下に対するイメージが偏っている

常に固定観念というフィルターを通して部下を見ていることから、第三者からすればそうは見えなくても「やる気がない」と決めつけてしまう傾向があり、率直に表現すると管理者としての適性がない人物といえるでしょう。

一方、自身が気に入った部下に対しては好意的であり、そういった場合は実際にやる気がなくても特に咎めないことがあります。

叩き上げるスタイルが染みついている

一概に悪いともいえないのが、叩き上げて部下を教育するスタイルの上司です。

というのも、そういった上司が「やる気がないなら帰れ!」という時は「見込みがあるから頑張れ」という裏の意味を含ませていることもあり、捉え方によっては人情味があるともいえます。

しかし、現代においては少々ミスマッチな教育法であり、悪くいえば時代に取り残されてしまった方。ということにもなります。

部下との距離感が正しく測れていない

自身と部下は信頼関係が厚く、多少厳しく接しても問題ないと思っていても、実際のところは真逆であることもあります。

そういった場合の強い言葉は逆効果にしかならず、単なるパワハラとして大きな問題に発展することもあるでしょう。

残念ながらこういった上司も管理者の適性がありませんので、程よい距離感を保った方が良いでしょう。

「やる気がないなら帰れ!」と言われる理由とは

次に、そういわれてしまう理由を見ていきましょう。

発言する方にも問題はありますが、まずは自身を冷静に分析して落ち度がないことを確認するためにも大切なポイントです。

本当にやる気がない

最もファイトバックしにくいのが、本当にやる気がない時です。

実際に思っていたとしても、ほとんどの場合心の中で収まることが多いですが、目に見えて心情がにじみ出てしまっている方がこれにあたります。

こういった雰囲気は前向きに働いている周囲のモチベーションを下げることにも繋がりますので、たとえ激しい語気で「やる気がないなら帰れ」といわれても筋は通ってしまいます。

ミスを連発してしまう

やる気があれば仕事は覚えられる。という考えを持った上司が身近にいる場合、ミスの回数が多いことでやる気がないと捉えられてしまうこともあるでしょう。

一方、単純に仕事を覚える要領が悪いというだけであれば、そういった捉え方は間違いといえますし、トレーナーの腕が悪い可能性もあります。

したがって、このパターンはそこまで深刻に自身を責める必要はなく、ゆっくり着実に成長していくのが得策です。

やることがない時の立ち回りが得意じゃない

日々業務をしていると、手持ちのタスクが全て終わって「やることがないタイミング」が発生することもあります。

これは特に新入社員や入社したばかりの中途採用者にありがちな状態であり、この時に何もせずデスクに座ったままでいると「やる気がない」と判断される可能性が高いです。

一方、入社したての頃はアサインされる案件も少なく、ある意味で仕方のない状況でもありますので、積極的に声をかけて仕事をもらうようにするのがおすすめです。

「やる気がないなら帰れ!」と言われた時の対応方法とは

ここからは、実際にいわれた時の対応方法について見ていきましょう。

一般的なものからファイトバックするものまで幅広く解説していきます。

素直にやる気を見せる

最も一般的な方法が、やる気をアピールしてそのまま仕事を続けるというものです。

これはその後も同じ企業で働き続けることができ、上司からの評価も取り戻せることがありますが、シンプルにストレスが溜まる方法にもなり得ます。

無理を続けることで心身に不調を来してしまうこともありますので、本心から自身を鼓舞できた方以外はあまりおすすめできません。

本当に帰る

少々勇気が必要かもしれませんが、指示通りに帰るというのも1つの手段です。

これにより以下のような結果が期待できますが、どのパターンになるかは上司次第となります。

1.上司が「この部下には通用しない」と判断してその後落ち着いて仕事ができる

2.本格的にやる気のない部下として更に激化する

3.適性がないと判断されて別の部署や連結企業に異動

この中で2のパターンは決して良い状態ではなく自身が損をしてしまう可能性が大きいので、上司の特徴次第で別のやり方を検討するか、退職の意思をある程度固めてから実行するのが良いでしょう。

法的措置か人事部に相談する

「やる気がないなら帰れ!」という発言は現代においてコンプライアンスに抵触する可能性が高いですが、直接口論してもメリットはほとんどありません。

したがって、ボイスレコーダー等で記録を残して法的措置、あるいは人事部や労働基準監督署に相談するのが最もおすすめの方法といえるでしょう。

上司が対応を是正すれば良い結果といえますし、そのまま顔を合わさず退職してもパワハラ起因として有利な条件で失業手当を受け取ることができますので、いずれにしてもメリットを見出せる方法といえます。

まとめ

今回は「やる気がないなら帰れ!」という上司の特徴やいわれてしまう理由、おすすめの対応方法について解説してきました。

コンプライアンスが整備された現代では、そういった強い発言は適切ではないといえますので、第三者機関を利用して自身が損をしないように立ち回るようにしましょう。

一方、本当にやる気がない場合は、無理をしてその環境にいる必要はありませんので、自身が本当にやりたい仕事に転職するのも1つの手段です。

CONTACT