社長面接の逆質問が採用への鍵?転職を成功させるのはラスト5分!

採用

書類選考から始まり、複数回の面接を経てやっと辿り着いた社長面接。 「ここまでくれば採用はほぼ決まったようなもの。」という考えは少々気が早いといえるでしょう。 大手企業であれば役員面接と呼ばれることもある通り、当然目の前に座るのは人事権を持ったその企業のトップ集団です。 したがって、それまで成績が良くてもしっかりその場でアピールができなければ、不採用になる可能性も十分に考えられます。 そこで今回は、社長面接で最後の一押しを決めるために、オススメの逆質問を解説していきます。 転職プロセスのラスト5分で勝敗が分かれますので、是非参考にして下さい。

社長面接で見られるポイントは

社長面接は転職プロセスの最終段階となりますが、基本情報は既に伝わっている中でどのようなポイントをチェックされるのでしょうか。

企業とマッチングしているか

企業にはそれぞれのカラーや経営指針があり、中枢にいる社長や役員は特にそれらを重視して運営しています。

したがって、これから運営の一員になる応募者が自社にマッチしているどうかは最もチェックされるポイントであり、意欲や熱意、仕事に対するポリシー等をアピールするべき場ともいえるでしょう。

また、これらがマッチしていないと早期退職やモチベーションの低下リスクも高まりますので、双方の最終的なすり合わせとしての意味合いもあるのです。

スキルや知識を持っているか

社長面接の段階では当然それまで企業に伝えた内容は共有されていますが、社長や役員は応募者の業務スキルや業界知識等を自分自身の目や耳で改めて判断します。

それまで報告を受けていた内容と相違がないか、自社にとって本当に利益をもたらす人材かどうかを最終的に確認しますので、それまでよりも更に詳細に、はっきりと印象に残るような伝え方を心掛けましょう。

社長面接を成功に導くのは逆質問

ここまではチェックされるポイントについて解説してきましたが、実際のところそれらは「意識さえすれば」誰でもこなせるため、他の応募者の中に埋もれてしまう可能性も捨てきれません。

そこで、個性や意欲をアピールするための絶好のタイミングとして挙げられるのが「最後に何かありますか」という社長からの質問です。

ここで行う逆質問が採用に対して大きな影響を与えますので、「特にありません」や「大丈夫です」といった回答は極力避けましょう。

おすすめの逆質問例

ここからは、実際に使えるおすすめの逆質問を見ていきましょう。

質問がない=興味や意欲がない。と判断されないためにも、最大限効果的に活用して下さい。

また、今回は「最後に何かありますか」という質問をベースにしていきます。

自身をアピールする例

最初に、逆質問を利用してスキルや経験値をアピールする例を解説していきます。

1.これまで〇〇に長期間携わってきましたので、そこで培ったスキルを活かしたいと思いますが、御社で業務することにあたって意識するべきポイントはありますか。

2.私は○○の資格を持っており、今回応募させて頂いた業務以外でも何かお役に立てる業務があれば是非チャレンジしてみたいと思っておりますが、何かあれば教えて下さい。

3.これまでは周囲との連携やフォローアップを心掛けて業務にあたって参りましたが、御社で従事させて頂く中で更に心掛けることはありますか。

以上のように、冒頭で強みやスキルを提示してから企業で活かせるポイントを引き出すような質問は大変効果的で強く印象に残すことができるでしょう。

シンプルにやる気を伝える例

次は資格や経験値が不足している方におすすめの逆質問例となります。

1.もし採用して頂いた際は、入社までにお役に立てるようなスキルを高めたいと思っておりますが、何か勉強しておくべきことがあれば教えてください。

2.今回は○○の業務に応募させて頂きましたが、御社の○○部署にも大変興味を持っています。経験やスキルを積めば社内でジョブローテーションすることもできるでしょうか。

3.御社に従事させて頂くことになった場合の、1日の流れや業務内容を教えて頂けますか。

これらは特筆してアピールできるポイントがない場合に、自身の意欲や興味を印象づけることに繋がりますので、是非活用して下さい。

企業に対する関心をアピールする例

次に、企業に対する関心をアピールできる質問を解説していきます。

以下の内容はいずれもしっかりリサーチをしていなければできませんので、面接前に固めておきましょう。

1.先日○○を拝見しまして、御社が今後新たなプロジェクトを検討していることを知りました。実績次第では私も今後そういった活動に携わることはできますか。

2.御社がスポンサーになっているチャリティイベントに参加させて頂きましたが、ああいった活動は継続的に実施していますか。

印象ダウンになる逆質問例

ここからは、印象ダウンに繋がってしまう逆質問の例を見ていきましょう。

効果的な印象を与えるには、是非押さえておきたいポイントです。

1.「御社に入社した際のメリットやデメリットはなんですか?」

メリットやデメリットは少なくとも企業が提示するものではなく、応募者が見出していくものです。

ちなみに外資のヘッドハント等の「企業側からの」強いアプローチでは効果的になり得る質問となります。

2.「御社の経営指針や方向性はどういったものがありますか?」

一見すると熱意がありそうですが、企業のHPや資料を見れば分かる内容は能力の低さを露呈してしまう結果になるでしょう。

3.「成績や勤怠が悪いとどうなりますか?」

ネガティブ要素が強く、前向きな姿勢がないことを想起させるような逆質問も避けましょう。

4.「賞与や給与はどのようにして上がっていきますか?」

今後の待遇に関しては確かに押さえておくべきポイントですが、少なくとも社長面接で聞く内容ではありません。

良い印象には結びつきませんので基本的にはしないほうが無難です。

まとめ

今回は社長面接でチェックされるポイントとおすすめの逆質問について解説してきました。

社長面接は応募者とのマッチングや知識やスキルを最終確認するための段階となり、ここでの逆質問が採用に効果をもたらすだけでなく、入社後も社長や役員に自身を覚えてもらえる絶好の機会でもあります。

長い選考プロセスを経て辿り着いた社長面接ですので、本記事で解説した効果的な逆質問を是非活かして下さい。

CONTACT