【仕事辞めたら人生楽しすぎた】退職がもたらすメリットと事前策

退職

仕事で陥る悩み

労働は生活水準を保つための最もシンプル且つ王道の方法といえますが、ある一定の期間を超えると以下のような悩みを持つことがあります。

  • 毎日決まった時間に起きて通勤することの閉塞感
  • 同じ作業と空間に縛られているのが苦痛になる
  • 組織の中で自分を見失いそう

一方、心の中ではこういった苦痛を感じながらも仕事を辞めることへの言い知れぬ恐怖心から、今一歩踏み出すことができないケースが多いのも事実です。

そこで今回は、一度きりの人生をより豊かなものに変えるために、退職がもたらすメリットと成功に向けた事前策を解説していきます。

なぜ退職に恐怖心が生まれるのか

日々の仕事に苦痛を感じながらも、仕事を辞めることへの恐怖心を示す方は大変多く、時間ばかりを浪費してしまっている傾向があります。

ここではまず、その矛盾が生じてしまう理由について見ていきましょう。

固定観念が強く根を張っている

幼少期から学校教育が終了するまでの間に、サラリーマンが正攻法、正社員やフルタイム労働が真っ当な生き方という意識を育ててきた場合は、それが無意識化の固定観念に形を変えて、現状感じている苦痛を抑制する程の縛りになってしまうケースがあります。

もちろんその考えが誤りということではありませんが、本来持ち合わせている性格がマッチしていない方にとっては悪循環といえるでしょう。

終身雇用という日本のスタイル

退職を大きなハードルやイベントに感じてしまう要因として、日本の終身雇用というスタイルも挙げられます。

たとえば欧米諸国では年俸制の1年契約がスタンダードであり、会社が肌に合わない、あるいはスキルがマッチしていないと判断すれば積極的に退職(転職)する傾向が強くなっています。

したがって、定年までその会社で勤め上げることをある意味推奨している日本では当然退職に対する価値観も変わり、今一歩踏み出せない原因に繋がることもあるのです。

会社の価値観に影響される

長く会社に勤めることは社会的信用や給与アップ、銀行機関からの融資等でプラスに働く場合が多くなっていますが、同時に以下のような独自の価値観が根付いてしまうこともあります。

・今の仕事以外自分には向いていない

・ここで辞めると全てが無駄になる

・今が一番安定している

特に上司や同僚からこういった発言をされた場合は影響が強まるケースが多く、ある意味で「外界から隔絶された世界」ともいえるでしょう。

退職しても人生が終わるわけではない

最新の統計によると現在仕事に就いている半数以上の方が過去に転職を経験しており、事実として一昔前よりも退職という選択肢が重大なイベントとは捉えられなくなっています。

転職経験の有無

参照:リスクモンスター株式会社

むしろ仕事に苦痛を抱いたまま現状を維持し続ければ、他のどんなものでも補えない時間という重要資産を浪費してしまうことにもなりますので、まずは退職に対するイメージを払拭するところからマインドチェンジしていきましょう。

なぜ仕事を辞めたら人生が楽しくなるのか

仕事を辞めるメリット

好きな時間に起きて気ままに眠れる

自分の本当にやりたいことができる

明確な将来ビジョンを携えて転職できる

ここからは仕事を辞めた後に得られるメリットにフォーカスしていきますので、自身の人生をより有意義なものにするためにしっかり押さえて下さい。

好きな時間に起きて気ままに眠れる

多くの方は意識していないことが多いですが、会社員の数十年に渡る現役生活において、好きな時間に起きて気ままに眠れるタイミングはゴールデンウィークや年末年始、あるいはなかなか取得できないまとまった有給休暇のみです

ちなみに週休二日制度であったとしても休み明けの仕事を考慮して生活リズムを変えることができないケースが大半であり、実際のところ本質的な自由とはいい切れません。

したがって「仕事」という生活を縛る要素がなくなることで、毎朝のアラームからも解放され、目に見えなかったストレスからも抜け出すことが可能となるでしょう。

自分の本当にやりたいことができる

自由な時間が増えれば、これまで抑圧されてきた本当にやりたいことを実行に移すこともできます。

長期海外旅行や趣味への没頭、新たな分野の自己啓発等、本当の意味でなんでも自由に取り組むことが可能であり、これまで希薄になっていた自分自身のアイデンティティーを呼び起こすきっかけにもなり得るのです。

一方、この充実感はこれまで我慢してきたからこそ得られるものでもありますので、自分へのご褒美としてもおすすめです。

明確な将来ビジョンを携えて転職できる

それまでに感じてきた閉塞感や苦痛は「本当はこうしたい」「あんな仕事がやりたい」という明確な将来ビジョンの材料にもなり得ます。

また、たとえば全く関りのない他業種への転職であったとしても「長年勤めた仕事を退職してでもこの業界で働きたかった」というようなアピールに繋げることができ、マネジメントや後輩の教育経験があれば幅広い需要が見込めるでしょう。

仕事を辞めるための事前策とは

退職で得られるメリットを解説したところで、次は事前に講じておきたい対策についてみていきましょう。

退職後に必要な生活費を計算しておく

退職を有意義なものにするためには、お金の問題をクリアにしておく必要があるでしょう。

毎月発生する光熱費や食費、通信費等を一度洗い出して、最低限必要な資金と自身のやりたいことを組み合わせて検討して下さい。

ちなみに自主退職であっても一定以上の雇用保険加入歴があれば待機期間を経て失業手当を受給することができますので、最低でも三ヶ月分の生活費を目安に計画を立てるのもおすすめです。

しばらく転職しない場合は収入源を確保しておく

転職先が決まっていれば必要ありませんが、しばらく働かないのであれば生活の自由を維持できるだけの収入源を確保しておいた方が良いでしょう。

先ほど解説した失業手当は期間が限定されていますので、自身の裁量で継続できる以下の手段がおすすめです。

・前職のスキルを活かした副業

・株式やFX等の投資

・アルバイト

副業と投資に関しては退職前に地盤を固めておく必要がありますが、アルバイトであれば就業と退職のハードルも比較的低く、シフトの自由度が高いところを選べば有効な収入源として機能します。

また、なるべく興味のある職種に応募するのがポイントであり、繋ぎの収入源であっても自身の自由度を優先する姿勢は崩さないことが大切です。

まとめ

今回は退職によって得られるメリットと事前策について解説してきました。

限定されたコミュニティや固定観念によって退職することに恐怖心を抱く方も多くなっていますが、実際のところ現在の市場ではそこまで大きなイベントではなく、むしろ人生を更に豊かにするための有効な手段にもなるでしょう。

人生は一度きりの大切なものですので、特に現在悩みの中にいる方は自由な人生への第一歩に本記事を参考にして下さい。

CONTACT